バイク査定の規準

バイク査定の規準は多くの会社で同じ規準が使われています。

業者向けのオークション会社があり、そのオークションで売買されているバイクの価格を参考にしているようです。

この価格は人気の時期によって異なり、旬の時期のバイクの場合、バイク査定はやはり高くなります。

バイク査定のチェックポイントとしては、サスペンションや錆び、バネやゴムなど消耗品の劣化をまず確認します。

次に外装で基本装備のままか、カスタムしていないか、転倒した跡がないか、などのポイントをチェックします。

またタイヤの溝の有無やエンジンの錆びの有無や、タンクが錆びていないかなど全体的な状態を確認します。

次のチェックポイントはブレーキディスクで、ここでは走行距離も確認することが出来ます。

メーターを交換していても、ブレーキディスクは交換することは少ないので、そこで走行距離がわかるわけです。

各種チェックが終わった後、エンジンをかけ試乗を行い、バイク査定は終了となります。

最後にエンジンをかけるのは、温まった状態でなくても、エンジンがかかるかどうか、そういったポイントを確認する為のようです。

錆びなどは手入れの有無で変化しますので、バイク査定を高額にする為には、日常的な手入れが重要になってきます。

査定の際は見られるポイントがありますので、こういった点は査定前に確認しておきましょう。

個人向けのオークションやネット販売でも売買価格の規準を知ることは出来ますので、まずはそういった現在の市場価格を確認するのもいいですね。

高くバイクを売る為には、予習は大切なのです。

【トピックス】バイク査定なら★バイク王